西静恵

神奈川県南足柄市大雄町1102-5

プロフィール

幼少 石川県小松市 古九谷の一つ(小野窯発祥の地)にて育つ
(祖父は九谷焼絵付師)
1985 愛知県立窯業職業訓練校卒
御殿場窯元にて研鑽
1989 小田原江の浦にて独立
1991 南足柄大雄町に移転
1993 ナックグレース館にて個展
1994 アオキ画廊にて個展
1995 東京大丸にて個展
1996 小田急デパートにて個展
96~03  神奈川、東京、静岡等で個展
2003 平塚画廊にて個展
2005 三島「阿吽」にて3回目の個展
近年 「小田原文化芸術展」参加
「アルケミスト展」ギャラリーぜんに参加
他、陶芸教室 円居会は2年に1度の展示会を続け、昨年10回目(20周年)を迎えた。
2012年4月 良寛こころの歌展「歌ごころを器に」出品(全国良寛会会員)

作品

織部を中心とし、独自の黒織部風の食器を製作。
又、近在、近郷の樹木灰や幼少育った小松の土を使用し、
小松唐津(自称)、李朝風の作品も手がけている。
常に温故知新、焼き物を通して、日本の文化や心を
身近に感じてもらえる器を作り続けたいと思っている。
大雄山の自然な制作の気を高めてくれる。最大の師です。


過去のイベント

場所

神奈川県南足柄市大雄町1102-5

関連するプロフィール